So-net無料ブログ作成

根岸ステークス予想 [競馬予想1]

フェブラリーSに向けてダート戦が活発化してきている。ただ、ダートG1レースはチャンピオンズカップとの日程が近すぎると思う。メンバーが変わり映えしないのでどちらかでバランスを取るべき。チャンピオンズカップは外国馬がこないけど体裁としてあの時期にないといけないだろうから動かすならフェブラリーSか。個人的にはNHKマイルカップと入れ替えると面白いと考えている。NHKマイルカップはダートで一新すると面白そうなんだけど。ダート馬をクラシックに出走させたくないというのは考えるべきじゃない。最近のゆるいローテーションを見ていると、もっと出走することに緊張感があったほうがいいし見てる側も盛り上がる。競馬ファンはダート馬が出走しても困らないので、そろそろダート馬に対する不当な扱いはやめるべきだろう。

東京競馬場のダート1400mは豪快な追い込みが決まることもあるのでレースとして見応えがある。あまりに逃げ馬が残れないので相対的に差し有利といっても差支えないだろう。レースの王道は好位~中団の馬になるが追い込みが決まることで買い目として押さえるべき馬がわかりやすい。意外と阪神競馬場のダート1400mと直結しやすいことから阪神マイラーには一目おいておきたい。データをあさっていると競馬ナンデと思うようなシンクロを見つけることがある。そういった戦略的競馬から馬券を買うのも面白いのでおすすめしたい。

根岸S予想で重視すべきは関西馬ということを覚えておけばグッと正解に近づくことができる。阪神・京都・中京競馬場とダート1400mが充実しているので経験で有利になりやすい。競走馬にとって走り慣れた距離というのは意外と大事な要素なのではないかと思う。わざわざ走るときに何mを走るとはわからないのだから同じ距離でキャリアを積む方が有利だとする説には賛同できる。競馬を教え込まれた馬は、騎手が落馬してもコースを回りきちんとゴールすることが多い。そういう刻み込まれた経験を意識してみると競馬の違った一面が見られるかもしれない。

フェアリーSで万馬券を2点で当てたkeibasite.comの重賞レース分析も参考になる。9年プラスという投資競馬は競馬初心者でも楽しめる。よくある予想屋というよりデータ分析から気づいたことを教えてくれるサイトなので今までと違った馬券を買うことができるから競馬が面白くなる。

これからデータアナリストは花形の職業として注目を集める時代だけにデータ分析サイトが競馬予想の新たな可能性を切り開くのかも知れない。従来の競馬予想で行き詰っている人は参考にしてみてはいかがだろうか。


共通テーマ:競馬

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。